美容皮膚科でできること

ニキビ跡の凹凸

生まれ変わる

ニキビは炎症を伴う段階まで来ると真皮という肌の奥にまで傷を付ける
リスクがあり、これは肌の生まれ変わりでは治らない部分ですから
ニキビ治療後にもニキビ跡として肌が凹凸になってしまう事もあります。


凹凸肌を平坦な状態に戻すには、真皮層にまで働きかける必要があり、
これは普段の洗顔や化粧水等のケアでは治療が難しいものですし
ニキビ跡にはレーザーを使って真皮の力を促すようにする事が効果的です。


通常の傷というものは時間が経つと治っていきますが、ニキビの跡残りは
色素沈着は治りやすい傾向にあるものの、凹凸の跡というのは
非常に治療が難しくて治す為には時間もかかります。

適切な判断


クリニック等でカウンセリングを受ける事でどのような治療が適切か
判断してくれますから、指導に従ってレーザー照射しながら進めていくと良いでしょう。


肌の代謝力も高まってニキビ自体が出来にくい肌質に変わっていきますし、
跡残りの改善にも繋がっていくものです。