美容皮膚科でできること

保険適用

にきび
 

詰まる

大人になっても繰り返しニキビができてしまうことに悩む人は少なくありません。
思春期の頃にできるニキビと大人になってからできるニキビでは
にきび治療の方法が異なると言われます。

 

ニキビの重要な原因に皮脂分泌があります。
皮脂は皮膚の保護のためには必要不可欠なものですが、
老廃物を含むものでもあるため、毛穴に詰まってしまうと、皮膚に
炎症を起こしてしまうことがあります。


この炎症によって起こる皮膚の新陳代謝の乱れである角化異常がニキビの本質です。

過剰になった皮脂分泌を整えて角化異常を改善することが根本的なにきび治療になります。


美容皮膚科などで行われるにきび治療にはニキビ菌の殺菌のために
抗生物質を使用することもあります。

取り入れる

 

抗生物質は、副作用や長期服用においてはデメリットもありますが、重症ニキビについて、
短期で服用あるいは塗布することは効果的だと言われます。
医師の適切な診断のもとに、処方された内容を守って取り入れてはいかがでしょう。


ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、美容皮膚科で受ける
にきび治療は健康保険で治療することが可能です。


美容皮膚科で処方箋を出してもらい近くの薬局でにきび治療のための
抗生物質などのお薬を受け取るようになります。

 

にきびは早いうちに治療することが肝心です。
化膿が数箇所あると、そこが呼び水となって次から次へと感染して化膿してしまう場合があります。


ニキビの原因は食生活や洗顔方法、その他の生活習慣など様々です。
睡眠不足ではないか、栄養に偏りはないか、ストレスに悩まされてはいないか…。


一人一人その原因が異なるので、美容皮膚科を受診して
適切なにきび治療を受けることが大切です。