美容皮膚科でできること

妊娠中

 

乱れやすい

妊娠したけれど、出産したら忙しくなるから妊娠中に顔にできた
ニキビ跡をなんとかしたい考える人もいることでしょう。


特に、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいので肌トラブルも抱えやすくなります。


レーザー治療ならあっという間でできますし、シミやニキビ跡のない
綺麗な顔で出産したいと考える女性も多いはずです。


しかし、残念ながら妊娠中のレーザー治療によるニキビ治療はできません。

耐久性


レーザー自体に悪影響を及ぼすことはありませんが、施術中の痛みに
耐えることでのストレス、緊張などによってお腹に力が入り、子宮が収縮したり、
それが引き金となり流産になる可能性もあるからです。


中には妊娠していても治療を行っている美容クリニックもありますが、
アフターケアのための薬なども成分によっては妊娠している女性には
処方できない場合もあります。


また、ホルモンバランスが乱れているために治療効果もあまり期待できない
こともあるので、やはりお腹の赤ちゃんのことも考えて、出産が終わったあとに
ニキビ治療を始めることをおすすめします。